れっつ ご~ま♪
ドン臭くてごまっちゃう
comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • ごまのつぶやき
  • 0件のコメント

登場犬


name:goma ♂
2000.7.20
4.3kg


name:mugi ♂
2003.5.28
2.3kg
papi-br.gif

飼い主 m1号とm2号

メロメロパーク

Link

Blog Pet

**天気予報**


-天気予報コム- -FC2-

*カテゴリ*

  • CHIBA LOTTE : 7
  • Diary : 197
  • etc : 1
  • 全記事INDEX

プロフィール

さんみりぐらむ

Author:さんみりぐらむ




*さんみりぐらむの手仕事日記*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ごまのつぶやき


久々においら、つぶやかせていただきますmU_ _Um ペコ

お昼頃、春の嵐の中、お客さんが来た。
ホンネを言えば、今日はまったりとしていたかった。

昨晩から強風が吹き荒れているせいで、
眠れなかったおいらは寝不足。
顔もかなりむくんでおる。
なのに、なのに、お客さんがきちまった。
むくんだ顔を見られてしまうU/ェ\U
まったり出来ない。

だってなぁ、おいら
お客さんが来ると、出血大サービスで
お出迎えしてしまうんよ。

おいらは『お客さん』っつう生き物が大好きなんや。
お客さんは、たくさんおやつをくれる。

おいらの頭の中じゃ、お客さん=おやつ。

ほとんどのお客さんは、しっぽ振りながら擦り寄ってあげると、
『わぁ、カワイイ。』とか言って喜んでくれてな、
おやつをくれるんよ。

だから今日も、シッポがちぎれんばかりにフリフリしながら
擦り寄って、おいらの必殺技『ジタンダ』を踏んでお出迎え。

案の定、お客さんは大喜び♪
『ごまちゃんダンスだぁ。嬉しい♪』やとさ。
おやつをもらうまでのおいらの作戦なのになっ(゚θ゚)イヒヒヒヒッ…
お客さんて、単純や。

『そろそろ、おやつをくれるんかなぁ。』
と椅子に座ったお客さんに近付いてみた。

ウキウキ気分のおいらとむぎ君は、交代制でお客さんの足元を
ウロウロ。

すると、おいらの女飼い主が
『やいっ、ごまむぎっ。おやつ乞いをするなっ!
何も食べさせてあげてないみたいやんかっ!!』と言いやがった。

ぐっそ~、バレバレやっ!
仕方ない、少し様子を見る事にすっかな。
と渋々、おいらのクッションの上にオスワリしてみた。

すると、お客さんが袋から何かを取り出した。
『やったぁ~、おやつや。』
よ~く嗅いでみると、人間達の弁当やったよ。

20060317214126.jpg 20060317214049.jpg

20060317214033.jpg

けぇっ~、うまそっ!
おっとぉ、人間達がランチタイムっつう事は、
おいら達のおやつタイムや。
この道5年のおいらが言うんやから、間違いない。

『ごま~、むぎ~。』と女飼い主がお呼びだ。

おやつだ、ワーイ\(◇^\)(/^◇)/ワーイ
急いで女飼い主の元へ行ったよ。

すると、お客さんがササミ巻きガムをくれた~。
『ありがとうごぜ~ますだ。』とお礼を言う代わりに、
その場でクルクルと回ってみた。
むぎ君は、あんまり芸達者でないから、ウルウルおめめ作戦で
お礼していた。
20060317222733.jpg

こんな単純な作戦でも、お客さんは大喜びやった。
なんとっ、おいらとむぎ君にジャーキーをくれはったヽ(*^▽^)ノワーイ

やっぱち、お客さんってすっきやぁ。
眠いのを我慢して、頑張った甲斐があったな。

さぁ、もらうもんもろたら、お客さんに用はないだよ。
顔のむくみをとる為に、おいらは寝た。

おいらが起きた時、お客さん達は玄関におった。
お帰りのようだ。
最後のお務めのお見送りをして、また寝ちまった。
お蔭さまで、むくみは完璧にとれただよ~。

『 お客さん おやつくれたら 用は無し 』
                       ごま

久々の『ごまのつぶやき』を読んでくれて
ありがとですmU_ _Um ペコ

スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://3mg.blog31.fc2.com/tb.php/250-0b14d8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。